音大音高受験

レッスンコース 音楽教室 声楽教室 ピアノ教室 ベルカント発声 音大受験 音高受験 宝塚受験 新宿区目白教室 練馬区武蔵関教室  

音楽高校受験音楽大学受験のための声楽・ピアノ・ソルフェージュのレッスンコース。
音大受験、芸大受験、音高受験に不可欠な課題曲や自由曲を基礎から徹底指導致します。
♪音大受験に必要な、ソルフェージュ、聴音、新曲、楽典など各学校の出題傾向に沿った指導を致します。
♪音大受験、音高受験の受験本番に実力が発揮出来る様、発表会、公開レッスンなどを行います。
♪音楽の本場イタリア・ミラノで研鑚を積んだオペラ歌手(声楽家)がベルカント唱法による指導を致します。

音大受験 音高受験 音楽教室 声楽教室 ピアノ教室 ベルカント発声 音大受験 音高受験 宝塚受験 新宿区目白教室 練馬区武蔵関教室 

 音楽大学・音楽高校 受験レッスン

声楽は身体が楽器ですので、喉だけではなく身体全体で声が響くように訓練します。

  • 声楽の基礎は呼吸法です。複式(横隔膜)呼吸を学びます。
  • 顎がスムーズに開閉し、軟口蓋が良く開くようにします。
  • あ・え・い・お・う・を鼻腔で発音できるようにします。
  • 身体で声を支えられるようにします。
  • パッサッジョ(passaggio)・アクート(acuto)を学びます。【パッサッジョ・アクートについての説明はベルカントにあります】
  • ベルカント唱法を学びます。

★音高受験、音大受験とも一番重要な科目は専門実技です。そして次に、ほぼどの専攻にもあるのがピアノの実技です。

★受験合格を目指し、音楽の基礎となるソルフェージュ力を養い、楽典を勉強して、それらが専門実技に反映する様に、段階的かつ密度の濃いレッスンをいたします。

★特にわが東京音大では専門実技が良くても、他の科目がバランスよく出来ていないと、合格は難しくなっています。

★講師も全力で指導いたしますが、まずは本人のやる気とご家族の方のご協力が不可欠です。

受験科目

  • 専門実技(課題曲・自由曲)
  • 学科(高校:2教科選択。大学:外国語{英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語}より1科目選択。センター試験を利用。)
  • ソルフェージュ(新曲・聴音){高校:単旋律聴音のみ。大学:旋律・和音聴音。(新曲、聴音より1科目選択)}
  • コールユーブンゲン
  • 楽典(音楽理論)
  • ピアノ副科(ピアノ専攻以外)

 音楽大学・音楽高校 受験生のソルフェージュ

★ソルフェージュは各音大・音高の入学試験レベルが違うためため出題傾向を分析し、受験生のレベルにあった段階的なレッスンを行ないます。

★聴音書取は苦手な人が多いと思いますが、実はテクニックの積み重ねです。最初は簡単なものから、一段階づつ進んでいけば誰でも取れるようになれます。

旋律聴音

  • まず、4拍子なら4拍、3拍子なら3拍のリズムを正確に取ること。
  • 小節の頭の音(一拍目)を確実に取ること。
  • 分かる音から一小節の単位ごとに音を埋めていきます。
  • 最初に一拍目を取っているので、できる小節から順番に積み上げていけばいいのです。
  • 簡単なリズムパターンから、少しづつ難しいものへと増やしていきます。

和音聴音

  • 最初はソプラノの音から、メロディーのように横のつながりを取っていきます。
  • 次に下の音から順番に、心の中で歌ってみて、一つづつ縦の和音として捉えます。
  • 最後に楽典の知識から和音進行を、照らし合わせて見ます。

新曲視唱

  • 12小節ぐらいの楽譜を数多くこなすこと。
  • 最初は途中で違う音に行っても、気にせず最後まで歌ってみます。
  • だんだんと、自分の苦手な音程が分かってくるので、そこを何回も繰り返します。
  • とにかく、間違えることをこわがらず、大きな声で歌うことが大切です。

今年度の音大音高受験合格体験談 音大受験合格者・芸大受験合格者・音高受験合格者・大学院受験合格者 

東京音大の受験案内へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中